しばらくパチ屋には近づくな!!

2020年3月20日付け


えー、コロナコロナの毎日ですが、皆さん、いかがお過ごしか?
僕はと言えば、先週の11日ごろから稼働を自粛しそれからというもの、イベントはほぼスキップ。 当然、稼ぎという稼ぎは無く、ネオニートがニートどころか、無職そのものになってしまいました。
エナや「愛姫」という選択肢はあるものの、「非効率」なそれらを今更やってまで生きていこうとは思わず、 今はただ少ない預貯金を切り崩して生活している日々。

こうなったわけは他でもなく、コロナ。

市内のパチ屋は、コロナでの営業自粛が現実的に迫っていると踏んで、それに備えて「出玉を自粛」始めたように思います。 簡単に言うと、どこもかしこも、設定状況が明らかに悪い。 9日の千本キングの弱さや16日の堀川の回収っぷりは歴史的なガセと言えるレベルで、たまたまとは到底思えないほど設定が入っていませんでした。 この2店舗は象徴的な例ですが、皆さんのマイホも普段よりも弱く、何かしらの危うさを感じ取っていることだと察します。

ここ数日のイベントで普段通りと感じたのは、西院のドームと河原町のデマのみ。(僕が知る範囲で)
堀川、千本両店、十条、嵯峨野、円町、、、と、まあ、僕のテリトリーはほぼ全滅です。 聞くところによると、オメガ系列やKBなども普段以下なようで、市内全体のパチ屋がコロナの影響でかなりシビア、(出玉的に)辛目になっていると感じています。

そもそも、今月末には死活問題になり得るかもしれない禁煙化が控えている中での、コロナ。 想像しただけでもかなり不安なことは赤ちゃんでもわかりそう。

先日「我思う」でも緊急的に「貯玉を調整しておけ」という記事を書きましたが、あれから一週間ほどが経ち、その後の世界情勢を鑑みるに、 「人々の意識としてのコロナ」は今後もしばらく根を下ろしそうで、長期化する様相がより強まりました。
僕は普段通り過ごしますが、社会の空気がこうなってしまった以上、パチ屋ができることと言えば、営業の継続のみ。 店を開け、営業を続け、企業として存続、生き残ることが至上命題になりつつある今、普段通りの出玉が果たして期待できるのだろうか??

常勝三か条の一つに「過度な期待を抱かない」とありますが、今はまさに高設定を期待すること自体「過度」になりつつあると思います。

そんな誰の目にも明らかになりつつある、ホールの回収、自粛ムード。
ここまで言っても、打ちたい人はしょうがない。打てばいい。
でも、普段から勝ちを意識して打ってる人は、「打たない」という選択肢を考えてもいいのではないかと思うのです。
我々は回収に付きあい、パチ屋の経営を支える必要は全くありません。 むしろ、「設定が入らないときは近づかない」を徹底するべきなのではないか?

コロナは突発的、偶発的に出現したブラックスワンではありますが、「想定外」の事象に備えず、入れ替えに頼り、放漫に経営していたパチ屋も悪い。
ボッタ店は自業自得でコロナに引導を渡されて、とっとと逝きなさい。
我々はそれをただ遠目で見送ればいいのです。

今はすべてが非効率。
こんな時こそパチンコパチスロを離れ、自分磨きや家族サービスに金や時間や手間を割くべきではないでしょうかね。

と説教しつつ、日がな一日、酒を飲んで過ごすダメ人間が運営するサイトが、ここエスパーハウスです。

カウンタ新設