コロナ後〜その2〜

2020年6月9日付け

永遠に続くかと思われたコロナの休業要請が解け、京都市内にあるパチ屋各店は先月(5月)の中旬ごろ、一斉に営業を再開しました。 某ードグループや一部のラッキーは、これがとどめとなり廃業かな?と思ったのですが、実際に潰れたのは「七条のキング」だけ。 あの過疎店もあのボッタ店も思いの他、しぶとい。パチンコはよっぽど儲かるのなっ!

とはいえ、コロナが去っても、まだまだ、問題や懸念は山積。以前から書いていますが、禁煙化し5号機の完全撤去が控える中、 パチ屋は今、歴史的な苦境に立たされている事実は何も変わりません。 そんな状況で、コロナ襲来、補償無き強制休業ですからね、、、倒れはせずとも、コロナはパチ屋の体力を奪い死期を早めた(早めている)ことでしょう。

そのコロナが一応の収束を見せ休業が明けて、一息入った、6月。
パチ屋の状況を見ていると、客の戻りは鈍く、年配客を中心に稼働低下が続いており、特にパチンコが酷い。 稼働がコロナ前に回復するにはもうしばらくかかりそうです。
なので、今、パチ屋は構造的に、出せるわけがない。

こうなることはある程度予想ができ、だから、しばらくは設定狙いを諦め、愛姫やエナでしのげ、、、 というのが、コロナ休業中に上げた「こう勝て」の前回記事です。

しかし、蓋を開けてみると、休業明け後の「稼働低下」は予想通りだったのですが、スロットルの設定の入り方は予想とは真逆。 円町、出町両キングのリニューアルはウザガキに当面の生活費を配るレベルの盛況ぷりで、 堀川や河原町のデマッセも、イベント時にはこれまで通りかそれ以上の設定配分で臨んできています。
これらには一枚劣る感じですが、ドームやエンターテイメントコロナ系列も、きっちりと看板機種=絆2、リーマン2に設定6と思われる台があり、 これにより、京都市内の店は、ひとまず、今のところ「コロナの影響はほぼ見られない」と結論付けてもよさそうです。(あくまでも我々打ち手目線でね。内情は火の車かもしれんけど)

前置きが長くなってしまいましたが、今日の本題はここから。
前回の「我思う」で、「パチ屋の野望」的な記事を書きましたが、それの続き、、というか、「休業」が店にどんな恩恵をもたらしたのか、 について書こうと思います。
え?別に興味ないんだけど、、、というなかれ!
先にサラッと論点を言うと、「コロナの休業要請により、5号機の検定(認定)期間が延長され、完全撤去日も来年の1月から約1年延びた」のです。 それにより、パチ屋や設定状況や狙い目はどうなるのか?という「戦略的」な考察をする回なので、最後まで読みなさい。

1、休業要請に応えた「恩恵」
すでにヤフーニュース等で見られるように、「コロナ休業に対する見返りは5号機の検定延長だった」ということがほぼ確定しています。
詳細は省略するとして、大雑把に「延長」の内容を説明すると以下の通り
(1)凱旋や初代リーマン番長、ビンゴのような「高射幸機」は延長せず(=もともとの撤去期限が来次第、撤去)
(2)今年中に検定、認定の切れるノーマル機は一律、210日間延長
(3)その他の機種は2021年11月末まで(一部の機種は2020年12月末まで)

これにより、6月7日に迫っていたオキドキの撤去期限は約半年間延長され、今年(2020年)の12月31日まで使用できることになりました。
また、同様に撤去期限が迫っていたニューアイムジャグラーについては、210日間の延長が可能になり、 これから撤去期限を迎える他の「ノーマル機」も一律210日間の延長が認められるようです。
※ノーマル機の定義はあいまいで、RTが付く花火やバーサスがどうなるのかについてはよくわかりません。 ひとまず、ジャグラーとハナハナは全シリーズ、全台、210日間(以上)、寿命が延びました。

オキドキとジャグラーの使用期限が約半年延びた!!というニュースだけでも超大朗報なのですが、 それ以上に、「聖闘士星矢海王覚醒初代」「番長3」といった「絆」なき後の主力5号機の使用期限が、約1年(正確には10か月)も延びたのはホントに大きいよね!

大事なことなのでもう一度言いますね。
お前らが好きな、聖闘士星矢海王覚醒と番長3、マイジャグラーはコロナのおかげで、2021年11月30日まで打てることになった!!今はまだ2020年の6月。聖闘士星矢、番長3、マイジャグラーはあと1年半も打てるんだぞ!!
蛇足気味ですが、これらに加え、今年いっぱいは、オキドキ、凱旋も打てる。

1年半もあれば、待てる!!まともな6号機が出るまで待てる!!
それまではパチ屋も無理な入れ替えは全く必要なく、今あるジャグラーと番長3に設定使えばいいんだよっ!!


2、今後の流れ
これらの検定延長措置により、店は懸念だった入れ替え費用負担が減ったばかりか、今ある主力機種の大半を後1年半も残すことができるようになりました。 目下の懸念だったオキドキとニュージャグラーの入れ替えもしばらくは必要なくなり、ホッと一安心。 単純にオキドキ10台、ニュージャグラー10台で、後継機を買うのに、最低でも20台=800万円強の費用が必要なくなったわけですからね。 コロナで苦しいときに、ここまでデカい出費を先送り。そりゃ店も大助かりでしょうよ。

となると、この余った(?)機械代はどこに行くのだろう?? いや、それ以上に、売り上げと利益の期待できる主力5号機を残せることで、今後の営業にメドが立った分で生まれる「余裕」の向かう先は??

もちろん、余った機械代の多くは休業中に出た損失の補填にあたるのでしょうが、僕は「出玉還元」にも回ると思います。 設定入れて集客しようという店がコロナ以前より増える!!まで期待していい!
その証拠に、休業明け後の店状況は、上にも書いたように、かなりいいじゃない!!
これは決して、パチ屋が客が来なくて焦っているからじゃなくて、余裕があるからこそできる還元祭りだとは思いませんか?みなさんっ!


3、具体的な攻め方
番長3が長く使えることが明らかになって、京都市内では番長3再導入、増台が進んでいます。 (ホントはオキドキも聖闘士星矢も増台したいんだろうけど、そもそも台が無いので、したくてもできないというのが実情でしょうから、この2機種は一旦忘れてね)
ご存じのように、6号機はリゼロ、北斗、劇場版、絆2、リーマン2と一通り登場しましたが、 「シーン」を変えるほどセンセーショナルな機種は未だに出ておらず、及第点を得られるような台すらないのが現状です。 機械代ばかりがかかり、正直、お荷物な6号機は、5号機の撤去期限が伸びた今、新機種の導入は減り、扱いは確実に悪くなります!!(重要)
看板機種は絆2、リーマン2から、番長3、店によってはマイジャグラーへと回帰することでしょう!!

そう!
これからイベント時は番長3、マイジャグラーを狙え!!(デカ文字)

時代は再び5号機に!!
とはいえ、凱旋、ニュージャグラー、オキドキ、聖闘士星矢は構造上、回収対象なので、絶対に避けるべし!!
狙うのは、あくまでも番長3とマイジャグラーのみ!!


続報を待て! 続く!!

カウンタ新設