設定6判別法一覧

簡易版

「凱旋」と「オキドキ」の撤去はもう間もなく。パチ屋はいよいよ本格的6号機時代へと突入します。 二ヶ月もすれば、高射幸機は完全に姿を消し、同時に2万枚の夢も半永久的に霧散することになります。
番長3や聖闘士星矢ポセイドン等、万枚の夢を継承する機種こそ残りますが、 そろそろ、5号機で夢を見続けるのはヤメ、今こそ6号機へシフトする時ではなかろうか?と強く思う次第であります。

とはいえ、最近の6号機って、 フェイク解析やミスリードも含め、デキレとかいろいろあって、到底真面目に設定狙いしようという気にならないのも事実。 雑誌もエナブログもあてにならんし、何を頼っていいのかすらわからない、そんな時代。

そもそも、有利区間とか出玉規制もあるし、パチスロとして信用できないと思ってる人も多いと思います。

もう、こうなった以上、私が実戦経験と独自のルートから仕入れた「オリ法」ならぬ、 オリジナルの設定6看破方法をここで披露することで、6号機の信頼回復に一肌脱がなければいけないのではないか?と、そう思うわけであります。
裏付けはない。でも、実際に私が金と生活をかけて実践している立ち回り方法でもあるので、自信はケロット柄なみにあります!! ぜひこれを参考に、一度6号機の設定狙いと言うものをやってみてはどうだろうか?
ジャグラーに逃げていては何も始まらんぞっ!!

じゃあ、ドンドンいくよっ!!

バジリスク絆2


この機種は減点方式で設定推測が基本。
1)いわゆるシナリオ1,2が選ばれた
(合算選択率 設定6=8% 設定2=23%)
2)350ゲーム以上ハマってBC当選し、ラッシュが無い
3)超高確(吉田宿)での巻物、強チェリーがBCに繋がらない
(信頼度 設定6=79〜84% 設定2=66〜75%)
以上の3つの内一つでもが序盤(開始1000ゲーム)に出ればヤメ推奨。2つ以上出れば(天井を取って)ヤメ。
同色の出現率やシナリオ14の選択等にも設定差がありますが、設定6狙いの場合は上記の減点方式で概ね事足ります。
また、終日に渡って、ラッシュ初当たり確率は1/300以下、投資は概ね500枚程度で済むと考えても問題ありません。 投資が1000枚越えてくると多少挙動が良くても危ない。ヤメ推奨。

モンキーターン4


この機種は350あべし以上のハマり具合だけ見ておけば設定6判別が可能です。
実戦上の当たり振り分けは、
1〜100(天国)=25% 設定差なし
101〜150=30% 設定差特大
201〜250=20% 設定差特大
301〜350=20% 設定差ほぼなし
その他5%
概ねこのような振り分けだと思います。(実戦上、天国は20%程度ですが、公表値が全設定25%とあるので、つじつまが合うため数値を改ざんしました。)
なので、101〜250までの当たり方と350を抜けるかどうかを監視すれば、おのずと設定は見えてきます。
設定6の場合、ひたすら150と250で当たり続けることも多く、とにかくここのゾーンでのヒットが何より肝要です。 懲罰だの黄色メダルだのシナリオ(ラッシュの継続率)だのは意識する必要は全くありません。
朝一はモード示唆の出現具合次第で、150や250で見切る立ち回りも有効ですが、例外なく「打ち切り」が最も安全かつ、期待値も高いと思います。 僕は最近になって、打ち切るように立ち回りを変えました。ヤメ時はラッシュ後1ゲームで確定!!

サラリーマン番長2


今ある6号機の中でも1〜2番目に設定6の看破が難しい機種であることをまず意識しましょう。 30%程度の振り分けに負けると、設定1のような挙動を数時間にわたって取るので、本当に注意が必要です。
特徴
モードの振り分けに設定差あり、、、というより、端的に言えばモンキーターンよろしく、100〜150のゾーンでのヒット率に特大の設定差があると思います。 実戦上、設定6でモードBが選ばれた場合は8割以上の確率で150ゲーム以内に当たっています。(サンプル15回程度、全体の約3割)
一方で、モードAが選ばれた場合はどこで当たるか全く予測がつかず、天井の到達も現実的です。200代でも他の設定同様なかなか当たらないです。
よって、序盤に運悪く50%のモードAを立て続けに引いてしまうと、アウツ。直撃でも引かない限り、設定1と何ら変わりません。 朝からモードAが続いた日には、タコ負けの上、設定6を捨てるという悲劇も、、、引き次第という感は否めません。 イベント時も優先順位が後回しになるのは、ゲーム性だけでなく、この部分にあると思います。
また、ボーナスの初期突破率はすべて20%(+ハンコ分)だった上、デキレっぽい突破も目立たなかったため、 ボーナスからのラッシュ突入具合に設定差は無いと思います。
現状、設置の割に人気が無いので、朝一105ゲーム勝負(100ゲーム過ぎで「雫」ステージに行けばB確定)で設定6に引っかかればラッキー、という立ち回りが有効です。

リゼロ


徐々に人気が復活してきた感のあるリゼロ。けっこう高設定状況も良く、ひそかな狙い目だと思います。 (今更ですが)注目すべきは当たりの軽さとラッシュの伸び、そして有利区間の引き継ぎ具合です。
1)550ゲームを越えることは日に1〜2度。240、480〜540でのヒットがほとんどです。(8割方)
2)550以内の白鯨からのラッシュはほぼ(9割方)「弱ラッシュ」で、初期ゲームは50ゲーム程度、 強チェリー、チャンス目以外に上乗せはほとんど無く、ゲット400前後の獲得が続きます(ボーナスは適度に出現)。 200のゾーンでの強ラッシュ(800枚程度獲得できるラッシュ)は設定6を否定します。
3)とにかく有利区間を引き継ぎます。500前後の白鯨、ラッシュ後、有利区間を引き継げば、設定5以上がほぼ確定。 (とはいえ、設定6でも引き継がないことはけっこうあります。)
4)設定3以上確定演出が高頻度で出現します。半日打てばほぼ確実に出現するので、まずは一発見てみようかくらいの気持ちで打ってもいいかもね。
5)打ち漏らし(=白鯨からラッシュ入らず)も意外に起こる。3連続打ち漏らしくらいは現実的にあるので、 打ち漏らしたときは、引き継ぎと確定画面に注目。
序盤に2連続で打ち漏らし、引き継がず、確定画面も出なければ、ヤメ。

まどかマギカ反逆劇場版


意外に設定推測が難しく、時間がかかる台。設定推測に関しては「鏡」のようなイメージ。
ボーナス後のセリフ、500ゲーム以内のヒット率、ラッシュ直撃出現率での設定推測が基本。 干渉遮断フィールド(CZ)、チャンスモード、小役からのヒット率はおまけ。あくまでも総合的に見て、500以上はまるかどうかがポイント。
実戦上、終日打って500ゲームを超えるのは多くて2回。ほぼ超えないと見ていいです。越えたらヤメ。 チャンスモードの30%、地獄モードの15%で超える振り分けになっていますが、CZや小役、直撃により、そこまでハマることはほぼ無いのです。
序盤の「チーズが食べたかったのです」連発も赤信号。500ハマり同様致命的。
他の機種同様、設定6は出玉を伴い、かつミミズが張ったようなグラフになりやすいので、体感的にいいときは、いい。


以上。
反論、追加意見等は掲示板で待つ!

カウンタ新設